この記事のポイント
離婚歴のあるバツイチ男性は、一度結婚生活を経験しているためパートナーに求めることや価値観が変わる。
過去を気にして恋愛を逃してしまうケースが多いので、再婚を考えている場合は慎重になりすぎないのがポイント。

離婚を経験したバツイチ男性は未婚男性には見られない共通の特徴が持っていることが多いです。
本人が自覚していない場合、その特徴はマイナス要素としても表れることもあるので把握しておくだけでも恋活や婚活の進めやすさが違います。

今回はそんな離婚歴のあるバツイチ男性に見られる共通の特徴3つと恋活及び婚活時に気をつけておきたい事柄を合わせて紹介していきます。

未婚男性と離婚歴のある男性の違いは?

未婚男性と離婚歴のある男性で最も大きな違いが結婚に対する考え方やスタンスです。

特に若い未婚男性は結婚生活を経験していない分、結婚に対して厳しい目をあまり持ちません。
「結婚相手と一緒なら多少辛くても過ごしていける」「相手の苦労も一緒に背負ってあげたい」などの理由で相手の事情も無条件に許容することが多いです。
しかし一方、離婚歴のあるバツイチ男性は再婚相手に対して人柄と共に家庭を一緒に作れる能力があるかどうかを現実的な目で見つめます。
離婚という経験から相手にも多少の自立性や生活能力を求めることが多いです。

このように離婚歴による経験や考え方が未婚男性とバツイチ男性に違いになっています。
多くのバツイチ男性がシビアな考え方を持つのは”離婚を繰り返さないようにしたい”という思いを持つからです。

離婚歴のあるバツイチ男性に見られる特徴

前項で紹介したように未婚男性とバツイチ男性は結婚生活に対しての考え方が違います。
そんなバツイチ男性の多くが持つ特徴として見られるのが以下の3つの共通点です。

恋愛と結婚の線引きをきっちりしている

離婚歴のあるバツイチ男性は比較的恋愛と結婚を結びつけない傾向にあります。
離婚経験が関係しているのか、好きなだけでは一緒に生きていくのが難しいと考える方が少なくありません。

そういった考え方から女性への安易なアプローチを控えがちになるため、女性からはよく言えば大人な性格、
悪く言えば異性とのやり取りに自信が無い人と見られることが多いようです。

夫婦として過ごしていくには相手に多くのものを求めなくてはいけないかもしれません。
ですが、自立し合わなくてもお互いに支えあうことで過ごしていける形がある、ということも頭に入れておいた方が良いでしょう。

意思や我が強い

妥協しなかったり、自分の意思を曲げないのも離婚歴のある男性が持つ共通の特徴。
これらの特徴も良い面では自立心やリーダーシップとなって表面化しますが、恋愛面では我の強さや協調性の無さを露呈してしまいやすいです。

独身生活だと自身の気が緩みがちで、気持ちも尊大なものになりやすい傾向があります。
再婚を考えるのならば、自身の我を抑えて相手の意見に耳を傾けたりすることも考えた方が良いでしょう。
恋活中に再婚をしたらどのように過ごしたいのか、明確なビジョンを固めておくと交際も進めやすいかもしれません。

女性をあまり信頼しない

離婚歴のある男性は女性関係の疲れから異性にそこまで期待を持たなくなることが多いです。
具体的には恋愛感情の有無に関係なく、女性に寄りかかることを控えるようになります。

この特徴は日常生活ならば問題ありませんが、恋愛となるとデメリットとして表れるのがポイントです。
交際相手が自立した性格ならばそこまで影響は無いですが、共に支えあって過ごそうとするタイプの場合は要注意。
自分の弱い部分や素を見せないことに対して、不信感や不和が生まれてしまう可能性が高いです。

夫婦という形態には様々な過ごし方のスタイルがあるため「こうするべき!」というのは一概に言い切れないです。
しかし、お互い信頼し合った方が円満な家庭を築けるという事については間違いありません。

好意を向けてくれる相手に対して信頼を寄せようにするのも、バツイチ男性が再婚に向けて行っておくべきことの一つだと言えます。

離婚歴のあるバツイチ男性が恋活や婚活で気をつけること

上記で紹介したような特徴を持つバツイチ男性は再婚までの交際がスムーズに進展しにくいです。
再婚により早く進むためには以下のような事柄に気をつけると良いかもしれません。

相手に慎重な対応をしすぎない

離婚の経験から慎重になることは悪いことではありません。離婚を繰り返さないようにじっくりやり取りをしていくということはとても重要なことです。
しかし、再婚相手に消極的な印象を与えたりするのはあまり褒められた行為ではありません。

相手に「再婚に乗り気じゃない」「私に興味が無い」と感じさせてしまうと交際に影響が出てしまうので、再婚に積極的な姿をアピールすることも考えましょう。
自分にとっても、相手にとっても結婚というのは人生の大イベントのはず。
晴れやかな日を共に過ごせるように相手の気持ちに応えてあげましょう。

離婚から学んで女性に消極的になるのはごく自然なことかもしれませんが、好意を示してくれる相手がいるならばしっかり向き合うべきです。
過去の事を引きずって数ある再婚のチャンスを見逃さないようにしてください。

相手の意見を聞く、協調性を持つ

これまでに少し触れましたが離婚経験がある男性は自身の気持ちを譲らなかったり、我が強かったりして協調性が薄い事が多々あります。
ただでさえバツイチは家庭を持ったら問題を起こすかもしれない、というレッテルで見られるので、この特徴が表れると相手が付き合いを諦めてしまうこともあるでしょう。

そのため、再婚を目的とした付き合いを行っているときは強い我を抑えた方が良いかもしれません。
相手の意見を聞いたり、同調したりなど謙虚な姿勢を見せるようにしましょう。

もちろん、根本的な性格が直らなければいずれトラブルや不和を生み出すことになってしまいます。
夫婦として生活していく、ということを再婚を機により意識していくと良いでしょう。

自身の性格が原因で離婚に至った方は、婚活及び恋活を始める前に一度自分の性格を見直しておくのもおすすめです。

まとめ

離婚歴のあるバツイチ男性に驚くほど共通する3つの特徴と題して各詳細をお伝えしましたが如何でしたでしょうか。

紹介してきたように離婚歴のあるバツイチ男性には未婚歴の男性には無い共通の特徴が存在します。
具体的には結婚生活の不安から生まれる恋への消極的な態度、女性への不信感、協調の無さなどが挙げられます。

これらは離婚経験を踏まえて「次は失敗しないようにしよう」という意思の表れでもあるのですが、再婚に向けての交際ではマイナスポイントとして表れることが殆ど。

消極的な恋への態度は恋愛に対する自信の無さと受け取られてしまうことが多いですし、女性への不信感は相手の不安感を生み出し円満な夫婦生活のイメージを崩してしまいやすいです。
協調性の無さはバツイチのレッテルから相手も不安視してしまうポイントなので一番気をつける必要があるでしょう。

上記のような特徴を自覚している方はそれらを踏まえて自身を構築していくのが、婚活及び恋活をスムーズに行うための秘訣。
恋愛に積極的になったり、相手と支えあっていくことを考えたり過去のことに区切りを付けて進んでいくことが何よりも大切です。

今回の記事内容を踏まえて理想的な再婚を目指してみてください。