再婚したいバツイチ男性にとって、一番の悩みは何でしょか?

婚活をしているけれども、「出会いの機会が少ない」と悩んでいるバツイチ男性は多いです。

結婚や再婚は相手がいないと始める事もできません。しかし、毎日の代わり映えのない日常の中から新しい出会いなど、そうそう出てくることはありません。

今回は、バツイチ男性が再婚相手を見つけるための「街コン」について、出会える街コンの探し方や、失敗しないテクニックについて紹介します。
 

街コンとは?

街コンとは、約10年前から普及し始めた男女の出会いを目的としたイベントです。

街という言葉と合コンの「コン」が組み合わさってできた造語であり、商店街や市民団体、地方自治体などが開催しているものもあれば、一企業や飲食店が中心となって開催されているものまで様々です。

合コンよりも効率が良い

よく合コンに行ってきたなどという会話を耳にしますが、そういったものに縁がない人も多いはず。

自分では小規模なグループの出会いの場である合コンなどに参加できない人も会費を払えばごく簡単に参加ができ、合コンよりも多くの異性と出会う事ができる場所、それが街コンというイベントです。

街コンに参加するには?街コンを探せるサイト2選

基本的に、街コンは一年を通して様々な地域で開催されています。

街コンの開催予定を一番簡単に調べる方法は、やはりインターネットを使う事です。

インターネットで「街コン募集」や「街コン参加」と検索するとかなりの情報がヒットします。

そんな中でも、街コンを探す事に特化したサイト2つをここでご紹介します。

街コン掲載件数の多いサイト「街コンジャパン」


街コンジャパンは、上場企業が運営している大手の街コン検索サイトです。すごくシンプルでわかりやすいサイトです。

まずは居住地の近くで開催予定の街コンを調べるため、参加希望の地域を選択します。地域に関しては、首都圏だけでなく全国から検索できます。

次に、開催日を選択します。自分の参加したい日にち、曜日に合わせて入力するだけなのですごく簡単です。

最後に参加条件の選択です。性別、参加人数、年齢を入力して検索がスタートします。参加人数という項目は一人ではちょっと怖くて行けないという人の為に、ご友人同士での参加が可能という意味になります。街コン初心者にとっては嬉しい点ですね。

ちなみに実際、以下の条件で検索をかけてみました。

開催地東京
開催日10月の土日
性別男性
参加人数2名(友人と一緒に)
年齢35歳

検索結果で条件に合致した街コンは、なんと1,409件となりました。

ここから後は自分の好みにあったスタイルや開催地などで絞り込んでいくのがおススメです。

きっとあなたにピッタリな街コンが見つかるはずです。

バツイチ再婚限定の街コンを探せるサイト「オミカレ」


オミカレは、バツイチ・再婚限定の街コンを探せる街コン検索サイトです。

初婚ばかりの人の間に入っていく自信がないという方でも、参加者全員が同じ境遇ですので気兼ねすることなく参加が可能です。

離婚経験者限定の街コンという事で、開催数がかなり少ないのでは?と思われる方も心配ありません。

サイトにアクセスしてみると一目瞭然ですが、カレンダーに開催数がそのまま記載されています。

東京都版での話ですが、平日にも割と開催されていますので、平日しか休みがない!という方でも参加可能なのは嬉しいですね。

こちらは離婚経験者に限定されていますので、参加年齢の制限も比較的高めに設定されています。

年齢を気にして勇気が出ない方も一度覗いてみればきっと希望にあった街コンが見つかるでしょう。

街コンでの注意点


やはり街コンといっても、顔立ちの整った男性には女性が輪を作るでしょうし、綺麗な女性には男性が集まるであろうと事は容易に想像できます。

参加した友人と、単に2人飲みをしている雰囲気になる事も覚悟しておかなければなりません。

また、運営会社によって様々なスタイルがありますので、自分の期待と違ったというシチュエーションが発生する可能性もありますので注意が必要です。

もう一つは、街コンでは消極的だと全く出会えないという事です。

自分から積極的に話しかける事が出来ないと、時間だけが過ぎて気づいたら終わっていたなんて事もあるかもしれません。

ただし、気合を入れすぎると街コンによくいるイタい男性になってしまうので注意してください。

大切な事はズバリ、「期待しすぎない事」です。

今日は当たりかな?程度に気持ちに余裕をもち、寧ろ行くまでの過程を楽しむくらいのゆとりがあれば自然と楽しむことができるのではないでしょうか。

街コン攻略テクニック


これから街コンに参加しようと考えているバツイチ男性のために、街コン攻略テクニックを紹介します。

女性の目を見て話す

何を当り前の事をと思われるかもしれませんが、適度に目線を合わせてのコミュニケーションができる方は意外と少ないものです。

初めての出会いなのですから緊張して当然。

それでも相手の目を見て気持ちのこもった会話ができれば今後に繋がる可能性はぐんと高くなります。

街コンでは積極的に話しかける

注意点でもお話しましたが、自分から行動する事ができないと十中八九上手くいきません。

女性は受け身な方がほとんどなので、あなたからの誘いや会話を待っています。

主催者側が気をきかせて話すタイミングをセッティングしてくれるタイプの街コンももちろんありますが、その先の会話や行動にも積極性が問われます。

気になる人が他の男性と話しているから…といった理由であきらめてしまうのではく、ダメなら次もその次もあるくらいの意気込みで積極的に話しかけましょう。

女性優先、細かい気遣い

レディファーストは基本中の基本です。女性を優先し、気持ちよくさせてあげる事は大切なポイントです。

またさりげいけど細かい気遣いができればなお良いですね。

相手の飲物がないなと感じたら、「次は何をお飲みになりますか?」と自然に聞き、取りに行ってあげたりすることも好感度アップに繋がります。

会話のバランスは、自分4割・相手6割

この数字は会話のバランスです。聞き役に徹するというのも良いかもしれませんが、何せお互い初対面同士で相手に対する情報が一切ありません。

ある程度は自分の話もしつつ、女性の話に真剣に耳を傾ける姿勢は重要です。

会話のカットインも嫌われる要素です。相手の話を遮って自分の話をしてしまう男性が割といますが、女性の会話に一区切りついてから話出すように心がけましょう。

次回の約束や連絡先の交換は必須

楽しい時間はあっという間に終わりを迎えます。せっかく再婚相手やパートナーを探しにきているのですから、次に繋がる行動をとって終わりにしましょう。

主催者側から連絡先交換タイムなどの説明があれば尚良いですが、ない場合でも「もう少し話を聞きたいから連絡先交換しませんか?」と聞いてみましょう。

相手も同じ気持ちなら、喜んで応じてくれるはずです。

まとめ

最近はかなりの数の街コンが毎日どこかで開催されており、結婚や婚活の需要が高く感じ取れます。

再婚者限定のパーティーなども多く開催されていますので、自分のスタイルにあった街コンを見つけ、ぜひ第二の人生の幸せを勝ち取ってください。