寂しい老後が待っている!?バツイチ男性が再婚を急ぐべき理由

多くのバツイチ男性はその離婚経験から再婚に対して慎重になりやすい傾向があります。
特にトラブルを起こして離婚した場合は、気になる人が居てもアプローチを避けたりするケースが多いです。

しかし、バツイチ男性は出来るだけ再婚を急いだ方が良いと言われているのをご存知でしょうか。
今回は再婚までスムーズに活動するためのコツと共にその理由を下記にまとめてみました。

バツイチ男性の再婚率は離婚後3年間大きく下がる

まず、バツイチ男性による再婚の現状についてお伝えします。
統計データによると、バツイチ男性の再婚率が、離婚後3年間で大きく下落することが判明しています。

なぜ再婚率が下がるのかについてですが、「独身を楽しみたい」「仕事を頑張りたい」「子供の成長が落ち着いたら」など様々な理由があるようです。

その中でも特に一番多いのはやはり「離婚をしないように慎重に恋活を進めたい」「また離婚しても生活が崩れないように蓄えを作りたい」など離婚や結婚生活への不安からくる理由です。

確かに離婚を経験して今後の夫婦生活を不安に感じたり慎重になるのも無理はありません。バツイチの時点でも家庭で問題を起こす人というイメージが付きやすいのに、バツニ、バツサンとなるとその印象が更に強くなり再婚が難しくなるからです。

現代の日本は比較的離婚が多いのでそこからくる不安もあるでしょう。

しかし、家庭を持って充実した老後を過ごしたいと思うのならば時間をかけずに早い段階で再婚まで進めてしまうのが何よりもおすすめ。特に30代以降は子作りやお互いの仕事の兼ね合いなど早く決めた方が良い事柄が多く、子供の成長まで視野に入れるならば、早期再婚をして共に過ごす時間を確保できるようにすべきです。

バツイチ男性が再婚を急ぐべき理由は?

バツイチ男性が再婚を急ぐべき理由は老後のため以外にも下記のような事柄が存在します。

歳を取るごとに再婚できる可能性が低くなる

歳を取るたびに再婚できる可能性が低くなりやすいというのが再婚を急ぐべき理由の一つです。
ただでさえバツイチというレッテルによって相手が絞られてくるのに、そのまま歳を重ねてしまうとより再婚相手の幅が狭まってしまうため、再婚への期待値は大きく下がります。

20~30代バツイチならばまだ結婚相手は見つかりやすいですが、40代に入ってくるとお相手が限られてきます。その違いをしっかり自覚しておくべきです。

女性に対して高望みしてしまう

再婚を急ぐべき理由二つ目は離婚から日数が経つ度に、相手に要求することが増えてしまいやすいということ。
特に円満な夫婦生活を過ごしていた方は当時の相手と比べる傾向が強く、現在の相手に負担をかけたり、高望みしすぎて結婚を躊躇してしまったりするケースが見られます。

そのため、早期再婚で新しい生活に切り替えるのが吉。
過去の結婚生活に拘らず、先の事を考えて現在好意を持ってくれている相手を大切にしましょう。

独身生活に慣れてしまう

一人の生活が続くと生きがいを仕事や遊びに見出してしまいやすいです。
そのまま一人に慣れすぎるとその気楽さから、再婚する気持ちも薄れてしまいやすいので生活にメリハリをつける意味でも早い内に再婚を目指すのがおすすめです。

離婚前には自分の稼ぎや時間が満足に使えなかったけど、一人になってから自由に使えるようになったという変化から離婚をプラスに捉える方も少なくありません。本人が望むのならその生活が一番です。
しかし、そのまま一人の生活が続くと家庭を持てず老後が寂しいものになってしまう、ということを忘れないようにしましょう。

バツイチ男性がスムーズに再婚するコツは?

バツイチ男性が急いで再婚した方が良い理由をここまでお伝えしてきましたが
素早く再婚まで進めるにはどうしたら良いのか、分からないという方も多いはず。
そんな方は下記の方法を試してみては如何でしょうか。

結婚相談所やアプリを活用して出会いを作る

職場や日常生活での新しい出会いを期待していると再婚が遅れがちです。
出会いに恵まれない場合は、結婚相談所などで出会いを増やしておくのが良いでしょう。

パートナーマッチングサービスは殆どの場合有料ですが、サービスによってはサポーターが付くなど手厚いサポートが受けられます。
結婚相談所等ならば確実に異性と知り合えるので早く再婚できる可能性が高くなりますよ。

再婚したいけど現在結婚意欲が無い、という方は登録して異性との繋がりを増やしておくだけでも後の恋活に役立ちます。

バツイチ合コンなど気軽に女性と知り合える企画も近年では多く見られます。
ですが結婚相談所等とは違い

・結婚を考えていない人も参加する
・ライバルが生まれやすい
・個別の時間が多く作れない
・アプローチが上手くないと交際に発展しづらい

という欠点があるのでおすすめできません。

再婚相手はバツイチに理解のある人を選ぶ

スピード再婚を考える場合、ある程度相手を絞って恋活することも有効。
年齢や仕事へ負担を考えて、如何に効率良く交際していくかが重要です。

バツイチに理解があることを把握してからアプローチを始める等、相手とのやり取りや意思疎通をしっかりしておくと余計なトラブルを防ぐことができます。
バツイチというだけでそこまで反応が変わるのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。ですが一度家庭で
失敗したというイメージから家庭生活での不安や世間体の悪さを感じる方は少なからず存在します。

そのため、バツイチであるということは早い段階から相手に伝えておくのが望ましいです。
恋愛関係になってからバツイチであることを伝える方がいますが、破局の原因になりやすい事柄であるため隠すのはおすすめできません。

相手の性格や素性を把握して相性を確かめる

再婚できそうな人と巡り合えたとしても再婚後、家庭生活をお互い続けていけるのかどうかが重要です。
離婚してしまいそうな要素のある再婚はお互いの時間や費用を無駄にしてしまうため、避けなければいけません。

相手に対して気が合いそうだから、好みのタイプだからという理由だけで再婚を考えている方は一度相手の性格が自身に本当に合うのか、借金は無いか等細かい所まで吟味した上で相性を確かめてみてください。
良くも悪くもそれがお互いの生活のためです。

再婚は未婚時の結婚とは違い人柄や容姿だけでなくお互いの相性、生活環境、収入を考えて行った方がトラブルが起きません。

まとめ

バツイチ男性が再婚を急ぐべき理由を中心に、バツイチ男性の婚活について紹介しましたが如何でしたでしょうか。

老後を寂しいものにしないために、婚活及び恋活は早い段階から進めておくと良いでしょう。

また、再婚を急いだ方が良い理由の中には年齢が若い内の方が再婚がしやすい、相手に高望みしにくいという事柄もあります。離婚後に、何年も期間をあけずに再婚した方が実を結ぶケースが多いです。

再婚をしたいけど出会いの場が無いという方は、結婚相談所やマッチングサービスを利用してみてください。有料な所が殆どですが、その分結婚願望がある方が多く集まっているので真剣な交際が行いやすいです。

離婚後、独身生活を送っているバツイチの方は是非今回の記事内容を頭に入れて早めの再婚を目指してみてください。