この記事のポイント
女性とマッチングしてから5日後を目安に、自分からLINEのIDを教えるのがコツ。
断られたら、そのままアプリでメッセージを続ければOK。しつこくLINEを聞くと、ヤリ目と勘違いされ返信が来なくなる。

マッチングアプリを利用して女性とデートする為に重要なのが、「LINE交換」です。

しかし、「はやく出会いたい!」「簡単に済ませたい!」という想いから女性との出会いに焦ってしまい、LINE交換に失敗する男性が多いです。

そこで今回は、マッチングアプリでLINE誘導に失敗する男性の共通点を紹介していきます。

よくあるLINE交換の失敗例4選

LINE交換を失敗する例はいくつかあります。そのどれもが自分が間違いを起こしていると気づかずにやっていることが多いです。

よくあるLINE交換の失敗例を紹介します。

1.マッチングしてすぐLINE交換をしたがる

よろしくお願いします!よかったらLINEで連絡しませんか?

(まだどんな人かわからないし、教えたくないな。)

よくあるのがマッチングしてすぐLINE交換をしたがることです。これは必ずと言って良いほど信頼を失い、LINE交換できないのでやめてください。マッチングしたからと言ってあなたを信頼しているわけではありません。勘違いはしないようにしましょう。

また、すぐにLINE交換をしたがると出会い厨やヤリ目だと警戒されることも多いです。こうなるとガードも固くなり、LINE交換もできなくなってしまいます。気長に普通の会話をし続けて欲望を表に出さないことを念頭にコミュニケーションを取っていきましょう。

2.突然LINE交換を提案する

そうなんですね!ところでLINE交換しませんか?

(突然すぎて、なんか嫌だな。)

LINE交換はタイミングが大事です。会話の流れが自然でなければいけないですし、マッチングしてからすぐにLINE交換を提案しても成功する確率は低いです。ある程度、メッセージでやり取りなどをしてからでなければいけません。

当たり前の話ですが、不自然なタイミングでLINE交換を提案すると警戒されてしまいます。ある程度、時間をかけて、会話の中でLINE交換を提案するようにしましょう。

3.いきなり女性のLINEIDを聞く

LINEのID教えてもらえませんか?

(個人情報だし、不安だな。)

いざ、LINEを交換!となりそうな時に使うのは、LINEIDかQRコードだと思います。しかし、ココにも失敗する原因があります。女性は、基本的に自分からLINEIDやQRコードを渡すことに抵抗があります。LINEIDやQRコードを渡すときに、本当に渡してよいのかということを悩む女性もいます。

コミュニケーションを取って、信頼関係が構築されたら自分からLINEIDやQRコードを渡すようにしましょう。ここも男が率先してリードしてあげるところです。

4.LINE交換の目的が不自然、言い訳が苦しい

アプリの通知が来ないから、LINEにしたいなと思って。

(なんか無理があるな。)

どうしてもLINE交換をしたい!という方にありがちなのが、焦りすぎてしまいLINE交換の理由が苦し紛れになってしまうパターンです。アプリが使いにくいからや、お金をかけたくないからなどLINE交換する際の言い訳がマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

焦らずじっくり時間をかけるようにしましょう。そして、LINE交換をする際の言い訳は無理のなく、プラスの印象を持たれるような言い訳でLINEに誘導するようにしましょう。

関連記事女性から返信がない!マッチングアプリで既読スルーされる理由11選

LINE誘導のタイミング

LINE交換をする為には、タイミングも重要です。マッチングしてすぐにLINE交換を提案しても間違いなく失敗するでしょうし、逆に時間をかけすぎてしまうと相手の女性のコチラの対する興味も薄れてしまい、時間だけがかかってしまい失敗に終わります。

それではどのようなタイミングが一番、LINE交換が成功しやすく、より良いとされているのかを紹介していきます。

マッチングしてから5日後が目安

まず、日程としてはマッチングしてから5日後が目安だと言われています。マッチングしてから5日後は警戒心が和らぎ、コミュニケーションなども取りやすくなります。その分、LINE交換の提案を仕掛けても上手くいく可能性が高くなります。

さらに、5日後という時期は決して遅すぎない時期であるため、相手の興味もまだコチラに向いている時期です。

夕方~夜にかけての時間帯がおすすめ

LINE交換のタイミングは時間帯も影響してきます。メッセージを見てくれやすい時間帯が良いため、学校や仕事から帰ってきて家にいる時間帯である夕方~夜にかけての時間帯が良いです。

この時間帯は暇している人もいて、返信率も高くメッセージのやり取りがスムーズに行えます。この時間でLINE交換の提案をするとスムーズに行える可能性も高く、成功率もあがります。

女性への上手なLINEの聞き方

ある程度、マッチングした後にコミュニケーションも取れて、タイミングも遅すぎず、早すぎずバッチリなタイミングの時、LINE提案をします。

しかし、「なんてメッセージを送ればいいか分からない!」という人も多いかと思います。ここでミスってしまえば、せっかく積み上げて信頼も水の泡なんてこともあり得ます。

LINEへ誘導する際に効果的となるメッセージテクニックを紹介します。

LINEIDは自分から教える

僕のIDは、【ラインID】です。

(ちょっとLINEで検索してみようかな。)

LINEへマッチングした女性を誘導する際には、自分からLINEIDやQRコードを教えるようにしましょう。なかなか自分の情報を他人に教えるというのは抵抗を示したり、勇気がいることです。

それまで、LINE交換に前向きだった女性が自分の情報を他人に渡すということに抵抗を覚え、LINE交換が上手くいかなかったということもあります。決して、LINE交換のOKが出たからと言って油断はしないようにしましょう。LINEIDを渡して、LINEで連絡が来たら喜ぶようにしましょう。

LINE誘導はシンプルに

もしよかったら、LINEにしませんか?

(いい人そうだし、LINEにしようかな。)

LINE交換を提案する際に、色々メッセージで余計なことを言ってしまう人がいます。それは相手の女性にマイナスイメージを与えてしまうこともあるため、シンプルなメッセージで伝えるようにしましょう。

なんの言い訳もせずに「もしよかったら、LINEにしませんか」くらいでいいです。変に着飾ることも無く、ただこの一言だけで良いです。これが一番相手にマイナスイメージを与えないで、自分の要件を伝えることができます。こういった素直な気持ちがメッセージから伝われば、相手も要求を呑んでくれることが多いです。

しつこくしない

すいません、まだLINEは抵抗があって。

了解です!アプリで続けましょう。

LINE交換までの道のりは男性にとっては長く感じてしまい、焦ってしまう男性も多いかもしれません。女性がLINE交換を嫌がった場合、「そこを何とか!」というスタンスで行くのはやめましょう。無理せずアプリやサイト内で連絡を取るようにしていきましょう。

決して、「なんで嫌なの?」など女性に高圧的になってはいけません。もしLINE交換が嫌がられた場合は、素直にその意見を尊重してあげましょう。そうすることで、女性側も心を開いてくれるはずです。

他の男性と差をつけるLINEテクニック

マッチングアプリで、他の男性と一歩差をつけるLINEテクニックを紹介します。これらの方法は上級者向けですが、適切に行えば確実に女性の彼氏候補になれます。

あえてLINE交換しない

アプリでマッチングした後も、LINE交換を一切せずアプリ上でのメッセージのみでデート誘導するテクニックです。

モテる女性は、デート後でないとLINE交換に応じないケースが多いです。

モテる女性はマッチングアプリ上で多くの男性からアプローチを受ける為、メッセージのみで相手を判断することに抵抗を感じています。

マッチングアプリ上で多くの男性からアプローチを受けている女性に対しては、LINEや電話番号などの個人情報につながる質問をする事は避けてください。

LINE電話をしたがる女性もいる

逆に、LINE交換だけでなく「デート前にLINE電話をしておきたい」と考える女性もいます。

彼女たちは、デート前に実際にLINE電話で話すことによって、相手の男性が危ない人ではないか、常識がある人か、チャラい感じではないか、を確認しています。

事前にLINE電話をしたがる女性が少数な為、男性から電話の提案はしない方がよいです。女性から「電話してみたい」というメッセージがあった場合のみ、LINE電話をしてください。

女性からLINEを聞かれた場合

マッチング後に女性の方からLINEを聞かれるケースもありますが、その多くはサクラや業者によるスパムです。特に、登録されている写真がモデル級の美女だったり、胸元を強調する写真の場合は要注意です。

関連記事マッチングアプリでよくあるトラブル8パターンとその対処法

メールやLINE交換にこだわらず、返信しやすいメッセージを

女性によってはLINE交換を提案する適切なタイミングが違います。そもそもLINE交換をしない方がうまくいく、というパターンもあります。

マッチングアプリでのLINE交換は、焦りすぎると確実に失敗します。女性の返信から判断して、臨機応変に対応してください。