ペアーズで登録時に必要となる、年齢確認や身分証の提出について解説していきます。

果たしてペアーズに身分証を提出しても安全と言えるのでしょうか。

ペアーズの本人確認とは

ではそもそも、なぜペアーズおいて本人確認を行う必要があるのかについて説明します。

18歳未満の利用を制限する

結論から言うと、ずばり一番の目的は18歳未満の利用を制限するためです。ペアーズのようなマッチングサービスは『インターネット異性紹介事業』と呼ばれ、出会い系サイト規制法という法律によって18歳未満の利用が禁じられています。なので利用者に本人確認を義務付ける事により、年齢確認を行って18歳未満がそもそも利用出来なくなるような環境を作る事が目的となります。

サクラや業者を区別するため

こうしたマッチングサービスを利用するにあたって最も心配な事が、サクラや業者などの存在です。真剣に恋活や婚活目的で利用しているにも関わらず、こうした営利目的の登録者にポイントを消費してしまうのは非常に勿体ないです。それどころか最悪のケースでは、トラブルに発展してしまう恐れすらあります。ですが本人確認の有無を確認する事で、少なくとも本人確認が済んだアカウントはサクラや業者の恐れが低いと判断する事が出来ます。つまりは結果的に、利用者全体の利益にもつながるのです。

本人確認をするとどんな事が出来るの?

実は、本人確認をせずともペアーズ自体の登録は可能です。ただし、年齢確認が出来ていない段階だと、相手にメッセージを送ったり受け取ったりすることが出来ない状態にあります。せっかくペアーズに登録したのに、それでは全く意味がありませんよね。なのでもしいきなり身分証を登録するのが心配な方は、一度お試しで登録してみる事をオススメします。本人確認が済む前でも、お相手を検索したり、プロフィールの閲覧をしたりするくらいは可能です。それで気になったお相手がいたら、改めて本人確認をしていいねをしてみる、というのも一つの方法です。ただし覚えておいて欲しいのは、本格的にペアーズを利用していくにあたって、本人確認を行うのは必須であるという事です。

本人確認のやり方について

必要な書類とは

まずは本人確認をするにあたって必要なものについて説明します。ペアーズ公式サイトによると、以下の証明書が利用出来ます。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・その他の公的証明書(学生証や社員証、障害者手帳など)

実は法律で提出する身分証の種類も定められているので、上記以外の証明書では本人確認は行えないのです。その他本人確認が出来ない証明書としては、マイナンバー通知カードや年金手帳や住民票が挙げられますのでその点には注意が必要です。

確認書類の送り方

そして、これらの身分証を用意出来たら、あとはそれをスマホのカメラで撮影してアップロードするだけです。アップロードされた写真は審査され、通常は1時間以内で審査は完了します。どんなに遅くとも24時間以内には審査は完了しますので、もし丸一日経っても終わらないようでしたらきちんとアップロードされているかを確認し、その上でペアーズに問い合わせてみて下さい。
勿論、審査結果によっては否認されることもあります。その場合はたいてい、うまく書類が撮影出来ていないことがほとんどです。例えば一部が見切れていたり、ピンボケして全体がぼやけてしまっていたり、顔写真などを隠していたりなどすると、年齢確認書類として認められないことがあります。他には、証明書の期限が切れていたり、それこそ登録情報と著しく乖離していたり年齢が18歳未満であったりした場合も、審査に落ちてしまいますので注意が必要です。

身分証提出に危険はないのか

ペアーズを利用するにあたって本人確認をする必要性と、そのやり方については理解出来たと思います。では果たして、ペアーズ
に身分証を提出して登録する事に危険性はないのでしょうか。

ペアーズの運営会社エウレカ

まずはペアーズを運営している会社とはどのような会社なのかについてみて行きます。ペアーズの運営会社は株式会社エウレカ(東京都港区)という会社です。設立は2008年で、2012年から恋愛・恋活マッチングサービス「ペアーズ」をリリースし今に至ります。実はこのエウレカという運営会社は、アメリカのIACグループというグループ企業の傘下にあります。このIACグループというグループ企業は海外で同じくマッチングサービスを展開している会社で、アメリカの上場市場の一つであるNASDAQにも上場しているのです。アメリカの上場市場にも当然審査がありますので、いわゆる怪しい会社というのはそもそも上場する事すら出来ません。なのでペアーズの運営会社であるエウレカが上場している訳ではないのですが、少なくともある程度は信頼がおける会社が運営しているというのは間違いないです。

自主規制ガイドラインの策定

その他にも、一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト※以降MSPJ (東京都港区)という、マッチングサービスや街コン、婚活サービスを提供する企業が立ち上げた業界団体にも、運営会社のエウレカは参加しています。そこでは『MSPJ7つの約束』という自主規制ガイドラインを策定し、利用者が安全に利用できるような取り組みも行っているのです。いずれは第三者が評価するような仕組みを取り入れた、認証制度取得に向けた活動もしており、業界の中でも非常に高いポジションにある企業というのが伺えます。

ペアーズは安心?

このような取り組みもさることながら、一番の安全性の証明は、利用者の多さからも言えるでしょう。のべ700万人もの登録者がいるという事は、それだけ口コミの数も豊富ということです。もし危険性があったとしたら、恐らくこれほどまでに会員数を拡大する事は出来ないはずです。実際に、ペアーズに登録する事で悪徳業者から連絡があったりセールスに付きまとわれたりという話はネット上でも見かけませんでした。そういう意味ではペアーズに身分証を登録しても、業界内ではトップクラスに安全だと言えます。

まとめ

以上がペアーズの本人確認のやり方とそれが必要な理由、そして身分証を登録する上での安全性についての説明でした。身分証の登録作業は非常に煩わしく感じる方も多いかもしれませんが、それが結果として利用者の安全な利用に繋がっているとも言えるので、皆さんも正しい使い方でペアーズを活用していきましょう。

真面目な男性がモテるアプリ↓
【体験談】佐野ひなこ似の色白美女とマッチングした方法