ペアーズに限らず、この手のマッチングアプリには少なからずサクラ業者が存在します。

ペアーズではFacebookと連携する事によってサクラ業者の対策に取り組んでいますが、どうしても排除しきれずサクラ業者が紛れ込んでしまいます。

今回は、ペアーズに潜んでいるサクラ業者の目的や見分け方、マッチングしてしまった場合の対処方法について紹介します。

サクラ業者とは

サクラとは、運営側が集客を目的として雇う業者や個人の事です。サクラがお客さんになりすまして運営者のサービスを利用したり商品を購入することによって、お客さんを呼び込みます。

よく目にするのは、開店したばかりで固定客のついていない飲食店が、サクラを雇って行列をねつ造するというケースです。

雇われたサクラ

まだ利用者の少ないサービスであれば運営がサクラを雇うケースがありますが、ペアーズの場合は既に大手のマッチングアプリとなっているので、わざわざサクラを雇う必要はありません。

ペアーズには本来の意味でのサクラは存在しません。

ペアーズに潜んでいるのは、恋活をしているフリをして近づいて悪さをしようとする業者です。例えば、宗教勧誘やマルチ商法などがそれにあたります。

この記事では、このような恋活以外の目的でペアーズを悪用しているユーザーを「サクラ業者」と呼ぶことにします。

ペアーズに潜むサクラ業者には、以下のようなものがあります。

マルチ商法(MLM)の勧誘

サクラ業者の中には、マルチ商法の勧誘をするためにペアーズに登録している女性がいます。マルチ商法はうまい儲け話のように聞こえますが、実は胴元しか儲からない仕組みになっています。美女がマルチ商法の勧誘をするというのは、古典的な手口です。

カルトや宗教勧誘

また、宗教やカルトへの勧誘を目的としてペアーズを利用しているサクラ業者もいます。尊敬している先生がいる、勉強会がある、といったワードが女性の口から出てきたら、警戒してください。

ペアーズにいるサクラ業者の特徴

ペアーズに潜んでいるサクラ業者には、共通する特徴があります。

この特徴をおさえておけば、サクラ業者にひっかかることなく恋活を進めることができます。

プロフィール写真が自撮りしかない

プロフィール写真が、写りの良すぎる自撮り写真しかない場合は要注意です。サクラ業者が、あまり有名でないモデルのブログなどから写真を無断転用している可能性があります。

プロフィール写真が1枚しかない

プロフィール写真が1枚しか掲載されていない場合も注意が必要です。特に、胸元を強調した写真や、顔が映っていない写真だけの場合はさらに怪しいです。

自己紹介文が積極的

自己紹介文で、「優しくしてくれる男性と知り合いたい」「人肌が恋しい」など、かなり出会いに積極的な内容を記載している場合も、サクラ業者の可能性があります。

投資やセミナー勉強会などのキーワードがでてくる

自己紹介文やメッセージで、投資・セミナー・勉強会などのキーワードがでてきた場合は、ほぼ100%サクラ業者です。

職業が自由業

職業欄に自由業と書いている女性も、かなり怪しいです。「好きな事を仕事にしている」「場所に縛られずに働く」といったワードには要注意です。

ペアーズでサクラ業者を見つけた際の対処法

ペアーズを利用している際にサクラ業者を見つけた場合、以下のフローで対処してください。

怪しいと思ったらブロック

マッチングしてから、相手の女性がサクラ業者であると発覚した場合は、すぐにメッセージを送るのをやめてください。相手から連絡がきても、無視して即ブロックしてください。

女性ユーザーをブロックする方法

女性のプロフィール画面右上のメニューから、ブロック設定をしてください。ブロックをすれば、相手はメッセージを送れなくなります。

サクラ業者確定の場合は通報

あきらかに怪しい場合は、ペアーズの運営に通報してください。

女性ユーザーを通報する方法

女性のプロフィール画面右上のメニューから、違反報告を選択してください。違反内容や詳細を入力すると、運営に違反報告ができます。

違反報告は匿名なので、あなたが通報した事はバレません。

サクラ業者は気を付ければ大丈夫

サクラ業者には上記のようにわかりやすい特徴があるので、見分け方さえ知っておけばひっかかる事はまずありません。

怪しいなと思ったら、紹介したチェック項目でサクラ業者でないか確認するようにしてください。

真面目な男性がモテるアプリ↓
【体験談】佐野ひなこ似の色白美女とマッチングした方法