ハードワークで有名な証券会社。その中で活躍する営業マンですが、結婚したい職業ランキング上位の常連です。

なぜ証券マンがモテるのか、年収や仕事内容、人間性などから分析してみましょう。

大手証券マンが無双できるサイト
特徴 女性は容姿選考あり
年齢層は20代~30代前半
料金 登録費:2000円(初回のみ)
月会費:無料
このサイトは、大手企業勤務の男性のみ入会する事のできる会員制のクローズド婚活サービスです。

このサイトのすごいところは、女性会員が全員容姿選考されている点です。

普通に、モデルやキャンギャルの女性が登録しています。

安定志向が強い美女が大手企業の男性を捕まえる為のサイトとなっています。

実にうらやましい。

証券営業マンがモテる理由

証券マンとは、どの様な特徴があるのでしょうか。証券マンの特徴の中には、女性からモテる要素も沢山あるのです。

実力主義の成果報酬

証券営業の年齢別平均年収は、新卒と20代の平均年収は約450万円、30代の約750万円です。
営業部署であれば自分次第で年収が上がります。そこが証券マンの魅力でもあるでしょう。

証券営業マンの年収は1,000万円を超える場合もあるのです。ただし、地方での勤務や部署によっても差があります。
営業職であればノルマが課せられるケースが多く、証券マンによってはノルマを達成することで給料や年収も上がります。
年収が高い分、生活や気持ちに余裕が出るため落ち着きもあるように見えるのです。この落ち着きこそが、女性にモテる理由となるのでしょう。

「自分が商品」という自信

証券マンの主な仕事は営業です。営業をするために、先方にアポイントを取らなければなりません。アポを取った後は営業ですが、重要な点は営業トークの技術。
自社の金融商品をプレゼンする能力が無ければ、ノルマは達成できません。
新入社員は飛び込みで営業を行うため、入社して間もなく自分で商品を売り込むための営業トークを身に付けます。続けて行く事で更に技術が向上し、誰にも真似が出来ない個性的な営業トークを行うことが出来るようになるのです。
これは日常生活にも影響し、女性と接する際にも自分を売り込む「営業トーク」によって他の男性との差別化を図ることに繋がります。

クロージングの詰めが完璧

営業で重要な事は、商談を成立させること。
年齢を重ねるごとに成立させる数は増えます。若手であれば、成立をさせること自体が自信となるのです。
自分に自信を持つことで、堂々した振る舞いが出来るようになります。
人とコミュニケーションを取る際にも重要な部分です。会話をリードしてくれるため、何を話せばよいのか戸惑っている男性よりも男らしく見えるでしょう。

勿論会話も楽しめるため、当然にモテるのです。コミュニケーション能力が高く会話の進め方が上手いという特徴によって、女性から悪い印象を持たれること自体が少ないのだと考えられます。

証券会社別のモテるポイント


ここからは、証券マンが女性からモテる理由や特徴を会社別(野村証券・大和証券・SMBC日興証券)に紹介します。

野村證券の営業マンがモテる理由

怒涛の野村証券
野村マン
言わずと知れた、証券営業界の雄。戦闘民族としての数々の武勇伝がインターネット上に散乱している。架空の生き物であると思われているが、実在するというのだから驚き。

体育会系のノリの良さ

野村證券の営業マン(通称「戦闘民族野村マン」)というだけで女性は目を輝かせる、ブランド力のある証券会社です。
体育会系の男性が多いためノリが良く、元々コミュニケーション能力に長けている男性が多いことが特徴。
日々の営業活動によってコミュニケーション能力は更に上がります。
顧客に気に入ってもらうためのスキルを身につけているため、表情や口調など、女性に気に入ってもらう方法も頭で理解しているのです。
ブランド力も自負しているため、自信もありコミュニケーション能力も高いという、モテない要素が無いという点が野村証券マンの特徴であるといえるでしょう。

周囲に美人が多い

証券会社に勤める女性は、必ず営業を行います。
営業では第一印象が重要であるため、身なりや見た目を綺麗に保たなければなりません。
さらに、厳しい営業を行うだけの精神力がある、気の強い女性が多い傾向にあります。
一般企業に勤める女性よりも気が強く、綺麗な女性も多い環境ということです。

大和証券の営業マンがモテる理由

メンタル最強・大和証券
大和証券マン
リテール営業で鍛え抜かれた鋼のメンタルを持つ大和証券マン。メンタルが強すぎて、異業種の友人と話が合わなくなることもしばしば。

向上心とコミュニケーション能力

大和証券の営業マンがモテる理由は、向上心がありコミュニケーションが上手いという事。
目標達成に向けた精神力と、自分の営業スキルを磨くための向上心を持つということ自体が、自分に自信をつけることに繋がります。

コミュニケーション能力の高い人は、証券マンだけではなくモテるものです。大和証券の営業マンは、営業で人と接することに抵抗もなく、自分に自信もあるため初対面の相手であってもコミュニケーションを取ることに抵抗がありません。
商談を成功させるために会話を誘導したり、プレゼンを行います。この様に、業務を行う中で自然とコミュニケーション能力が上がっていくのです。

清潔感とブランド力の合わせ技

証券会社は体育会系の男性が多いものですが、顧客と接する機会も多い営業職の大和証券の営業マンは清潔感のある身なりが特徴。清潔感は、顧客と接するための最低限のマナーであるともいえるでしょう。

清潔感があると、顔立ちが整っていなくても、スマートに格好良く見えるのです。加えて体力もあるため、頼りがいのある男性であると感じてもらうことが出来ます。

SMBC日興証券の営業マンがモテる理由

安定感のSMBC日興証券マン
SMBC日興証券マン
落ち着きがあり、親しみやすいイメージを持たれがちな日興証券マン。その優しさの裏に壮絶な死闘を繰り広げた過去があることを、誰もまだ知らない。

気配り上手で親しみやすい

SMBC日興証券の営業マンはブランド力からも自分に自信があるため、女性に対して積極的にアプローチをすることが出来ます。自信を持つ理由は様々ですが、その中の1つに「会社の中でもモテる」というものがあります。
SMBC日興証券マンに限らず、気配りが出来てまじめな性格の男性が多い証券マンは、会社の中でもモテるのです。
多くの時間を過ごす会社の中でモテるという事は、自分に自信をつけるためには重要な事。
会社の中でも男性としての自信をつけるため、会社の外の女性に対しても自信を持って接することが出来るようになるのです。

高収入の余裕

SMBC日興証券の営業マンがモテる理由は、高収入であるという点が挙げられるでしょう。ハードワークであるため一緒に過ごす時間こそ少ないものの、安定した高収入という女性からモテるための条件は満たしています。
食事をご馳走することにも抵抗はなく、スマートに会計をしてくれるといった金銭面の余裕は男らしさを感じるものです。

さらに証券マンの性格は穏やか優しい、真面目で気配りが出来る男性が多いという特徴があります。外見だけではなく性格に魅力があるともいえますね。そのため、外見にモテる要素がなくても、優しい性格と「SMBC日興証券」という肩書きによってモテることに繋がるのです。

最後に

証券マンの行う「目に見えない金融商品を売り込む」という仕事は、自分を売り込むという事でもあります。
自分に自信があり、顧客に対するプレゼンやコミュニケーションも上手な証券マンがモテることは頷けますね。

この記事のポイント
実力主義の世界に生きる証券マンは、頼りがいがあり女性からモテる。
忙しくハードワークをこなす姿に魅力を感じる女性も多い。特にリテール営業マンは、美女との結婚率が高い。