出会い系アプリwithで知り合いにバレる原因4選とその対策

出会い系アプリwithの会員登録者数は急増しています。
そのため、知り合いにバレルのではという不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。
withには知り合いにバレない様な仕組みがあるため、基本的に心配は要らないでしょう。
しかし、場合によってはバレてしまうケースも。
withの仕組みや、バレる原因を探ることで、友人・知人にはバレないよう上手にwithを利用しましょう。

Withで友達にバレない仕組み

withは、Facebookのアカウントと連動させなければ会員登録することが出来ません。
Facebookで友達同士になっている者同士がwithを利用していた場合、互いにwithのアプリ上で表示されないような仕組みになっています。
検索をしてもヒットせず、バレる事はありません。
with特有のサービスである、心理テストによる相性診断などでも、表示されることがないのです。
Facebookと連動させる事の、最大のメリットであるといえるでしょう。
知り合いにバレるのではという不安もなく、出会いを探すことが出来る仕組みになっている事が分かります。

知り合いにバレる4つの原因

Facebookを利用した仕組みによって、知り合いにバレる可能性は非常に低くなります。
しかし、いくつかの原因が重なることによって、知り合いにバレてしまう事もあるのです。
バレる原因となる4つのポイントを見て行きましょう。

Facebookで友達になっていない知り合いがいる

検索をした際にヒットしない、心理テストの相性診断でマッチングしないという仕組みは、Facebookで友達になっている者同士に限られます。
そのため、Facebookで友達になっていない場合は、検索や相性診断のおすすめなどで表示されてしまう事があるのです。
最近ではFacebook離れが進み、Facebookで友達になっていないというケースも多いのではないでしょうか。
また、Facebookに登録をしたばかりで、Facebook上で友達になっている人数が少ないという場合もあるでしょう。
この様な場合、withのアプリ上でプロフィールが表示されてしまい、友人や知人にwithの利用がバレる可能性があります。

知り合いがFacebook裏アカウントでwithに登録している

知り合いがFacebookの裏アカウントを作成し、withに登録している可能性もあります。
通常のアカウントでは友達になっていても、裏アカウントでは友達になっていない場合、表示されてしまう可能性があるでしょう。
正式なアカウントで登録する事に抵抗があり、裏アカウントを利用するケースに注意が必要です。

自分がFacebook裏アカウントでwithに登録している

知り合いだけではなく、自分自身が裏アカウントでwithに登録をした場合も同様です。
withの検索でヒットしないようにする方法や、相性診断結果を元におすすめの異性として表示させないためには、Facebookで友達になっている事が条件となります。
裏アカウントを作る方も居ますが、正式なアカウントの方がバレにくいという事を覚えておきましょう。
Facebookで友達になるという仕組み以外に、アプリ上で互いを表示させないという方法はありません。

マッチングした女性に共通の友人がいた

マッチングした女性と仲良くなり、プライベートな話をしている時に共通の友人や知人が居る事が判明するというケースもあります。
ほとんどの場合、マッチングするのは年齢や住んでいる地域が近い女性でしょう。
そのため、共通の友人がいたとしても不思議ではありません。
特に地元で出会いを探している場合は、同じ学校などの繋がりが濃厚になります。
共通の友人や知人が居る場合、女性を経由して噂が伝わり、知られてしまうのです。
しかし、女性もwithなど出会い系アプリを利用している事を知られたくないと考える方が多いはず。
そのため、共通の友人などには話さない可能性も高いでしょう。
2人だけの秘密として共有し、仲を深める材料にも利用出来ますね。

絶対にバレたくない人の為の対策

もしも共通の友人や知人が居ても、バレてしまう可能性は低いとも考えられます。
しかし、絶対に知り合いにはバレたくないという方の為に、バレにくい対策方法を紹介します。

裏アカでなく、正式なFacebookアカウントで登録する

Facebookの裏アカウントを持って居る場合でも、裏アカウントで会員登録はせず正式なFacebookアカウントで会員登録を行いましょう。
裏アカウントで登録する方の理由として、「知り合いにバレるのでは」という懸念があるからではないでしょうか。
しかし、Facebook上ではwithの利用に関する通知などは一切表示されません。
これは、with登録時のトップページでも案内されている通りです。
そのため、必ず正式なアカウントで会員登録を行いましょう。
Facebookで友達になっている人数が多ければ多いほど、知り合いにバレる可能性は低くなります。
withなど、Facebook連動型の出会い系アプリの利用を目的として、新規でFacebookに登録をするという方も居ます。
その場合、withの利用を開始する前に可能な限り友達申請を行い、Facebook上で知り合いと繋がっておきましょう。

プロフィールのメイン写真を後姿、サブ写真を顔写真にする

プロフィールのメイン写真は、検索された際や相性診断の結果を元におすすめされる異性として表示されます。
そのため、メイン写真に正面からの顔写真を載せてしまうと、万が一知り合いが登録していた際にバレる可能性があるのです。
メイン写真は後ろ姿や横顔など、はっきりと顔が確認出来ないような写真を設定しましょう。
withでは、メイン写真以外にもサブ写真を登録する事が可能です。
通常は趣味に関連した写真などを登録しますが、サブ写真に顔が確認出来る写真を登録する事がおすすめ。
プロフィールを開かなければ確認出来ない写真になるため、興味が無い場合には見られることもないでしょう。
SNS上での出会いであるため、顔は確認出来るようにしておく事がおすすめです。
写真をイラスト化するアプリもあるため、利用する男性は多いです。
ただし、イラスト化するよりも実物の写真の方が雰囲気は伝わりやすいという点を認識しておきましょう。
プロフィールの写真は、自分の雰囲気を伝えて出会いに繋げる重要な部分です。
隠しすぎないように注意をしてください。
また、一般的にはメイン写真を顔写真で設定している男性が多いため、後ろ姿や横顔などでは多少不利になります。
不利になってでもバレたくないという場合に、サブ写真を活用すると良いでしょう。

女性のプロフィールをしっかりと確認する

基本的に、出会いを求めているためプロフィールはしっかりと確認するはずです。
共通の知り合いが居るなどのケースでは、年齢や地元が同じなどの共通点があるケースが多いです。
そのため、年齢は同じでも出身地は全く異なるなど、共通の友人や知人が居る可能性の低い女性を探しましょう。
仲良くなるまでは、個人が特定出来る様な話題を避ける事も有効です。
出身校や、地元の地域だけではなく市区町村まで話題を広げてしまうと、あえて共通の知り合いを探されてしまう可能性もあります。
ただし、警戒をしてしまい、気に入った女性との出会いを逃さないように注意をしてください。

出会い系の利用は全く恥ずかしくない

バレないための簡単な工夫としては、正式なFacebookアカウントを利用するという事です。
登録する写真も工夫をして、出会いを逃さず、バレないよう上手に利用してください。
出会い系アプリを利用している事は「恥ずかしい」と考える方は多いです。
しかし、出会い系アプリの利用者数を考えると、友人や知人が利用していたとしても不思議ではありません。
もしも自分が利用している事がバレてしまったとしても、彼女等のパートナーが居ない限り問題はないのです。
基本的にバレるケースは極めて少ないものの、万が一バレるような事があっても、恥ずかしいと考える必要は無いでしょう。