YYCに潜伏するサクラ業者の手口8パターンを大公開

YYCに限らず、出会い系アプリで最も気になるのはサクラや業者の存在です。
サクラに引っかかってしまえば、購入したポイントだけではなく、メッセージ交換に要した時間までも無駄になってしまいます。
サクラ、業者の手口を知っておくことで、悪質な相手に関わらずに済むでしょう。
その手口、特徴を紹介します。

そもそもYYCはサクラが少ない

そもそも、YYCはサクラ業者が存在しずらいサービス設計を行っています。

その理由は、優良出会い系サイトだからこその特徴があるためです。

特徴は主に2つ、詳しく見て行きましょう。

通報機能でサクラが除外されている

YYCには、サクラや業者を含め、利用規約に違反しているユーザーを通報する機能があります。

この機能は女性側にも存在しているため、男女問わず違反ユーザーは通報され、YYCから除外されるのです。

ただし、1度の通報で除外されるわけでは無く、多数のユーザーから通報があった場合に調査を行った上で除外されます。

JAPHICマーク取得済みの個人情報保護

JAPHIC (ジャフィック)マークとは、「個人情報の保護に関する法律」に基づいて作成さられたガイドライと、特定個人情報を適切に扱う事に関するガイドラインを基に、情報保護体制を整えて運用を行う事業者であることを認定した証です。

YYCの運営に関しては、このJAPHICマークを取得しており、個人情報を厳重に扱っています。

サクラや業者は、個人が特定されることや情報を開示することを避けるため、YYCなど個人情報保護に関して厳しい出会い系アプリには登録をしない傾向があるのです。

サクラ業者に共通する女性の写真

元々サクラ業者は少ないYYCですが、時には紛れ込む場合もあります。

その際、共通する特徴を知っておくことで、サクラ業者を避けることが出来るでしょう。

写真が美人すぎる

勿論、本当に美人な一般女性ユーザーも沢山登録しています。

「美人」という定義、感じ方に個人差もあり難しい判断基準でもあるでしょう。

見極めるためには、沢山の女性のプロフィール写真を見てコツを掴む必要があります。

ただし、一般の美人女性ユーザーは、顔写真を公開するケースは少ないといえるのです。

インターネット上、まして出会い系アプリに顔写真を掲載することには、抵抗があるという意識が一般的ですよね。

しかし、サクラ業者であれば、綺麗に撮影した顔写真にスタンプやモザイクなどの加工をせずに掲載します。

しっかりと見極めるためには、写真と合わせてプロフィールも確認することがおすすめです。

職業が「会社員」となっているのにも関わらず、明るい髪色に巻き髪、派手なメイクであれば非常に不自然であることが分かります。

美人であるだけでは判断が出来ないと感じた場合には、プロフィールの内容と照らし合わせてみましょう。

胸を強調した写真を掲載している

胸の強調されたファッションで、上から撮影したような写真は疑った方が良いでしょう。

上半身の写真のみというケースもあり、顔を出していない写真もあります。

胸を強調された写真には目が止まってしまいますが、プロフィールをクリックする前に一度冷静になりましょう。

胸だけを強調した写真など、一般女性であれば投稿するはずの無い写真である事は明白です。

非常に綺麗に撮影された上半身、もしくは胸元に目が行くような写真を掲載している女性には注意しましょう。

自撮り写真しか掲載していない

YYCのプロフィールには、メインのプロフィール写真以外にも数枚の写真を「プライベート写真」として設定することが出来ます。

最も綺麗に写すことが出来る、自分の納得の行くまで撮影し直すことが出来るのは、自撮り写真です。

これをメインのプロフィール写真に設定することは不自然ではありません。

しかし、YYCの一般女性ユーザーの傾向として、友人と撮影した写真を切り取ったものや趣味に関連した写真をプライベート写真に掲載することが多いのです。

プライベート写真は、より自分のことを知ってもらうために設定するものです。設定する女性の意図は、出会いの幅を広げるということ。

同じような自撮り写真を掲載したところで、プライベート写真を設定する意味がありません。

そのため、数枚のプライベート写真に関しても全て自撮り写真であった場合には、注意が必要なのです。

サクラ業者のプロフィール設定

プロフィールの写真で判断出来ない場合には、プロフィール設定を確認しましょう。

プロフィールを確認すると、よりサクラ業者をハッキリと判別出来るはずです。

プロフィール設定が雑or不自然

気の合う異性と出会うため、プロフィールでは自分の趣味などを入力したり希望する異性の性格などを設定することが一般的です。

サクラ業者のプロフィールは、好みのタイプが未設定になっているなど雑な傾向があります。

未設定が多い中で、自分のスリーサイズなど見た目に関する項目はしっかりと設定されているのです。

どの様な男性を求めているのか分からない設定であり、「男性であればだれでも良いのでは」と感じる様な雑な設定になっていないかどうかをチェックする必要があります。

設定が雑であるのにも関わらず、自分の見た目が魅力的である事をアピールしているプロフィールには注意。

プロフィール写真と合わせて、不自然な点が無いかどうかを確認しましょう。

男性に都合のいい自己紹介文

プロフィールには、選択項目の他に自由に自己紹介文を入力できるスペースがあります。

サクラ業者は、ここでも男性を惹きつける様な文章を掲載するのです。

男性は、女性と比較をすれば見知らぬ相手と会う事に抵抗が少ないもの。

そのため、ポイントを消費せずに出会いたいという事に意識が集中してしまい、「気軽に会いたい」「とりあえず会ってみなければ分からない」といった文章があると興味を持ってしまいます。

男性にとって都合の良い自己紹介文が記載されている場合、相手も女性と偽った業者の男性である可能性もあります。

一般女性ユーザーが、見知らぬ男性に「とりあえず気軽に会ってみよう」などと考えるケースは無いといっても良いでしょう。

女性の立場で考えてみると、すぐに判断が出来るはずです。

YYCサクラ業者のメッセージ誘導の手口

見極める前に、サクラ業者からアプローチメッセージが送信されることもあります。

返信しないためには、手口の特徴をおさえておく必要があるでしょう。

メッセージが長文

プロフィールを確認しなくても良い様な、長文メッセージには注意が必要です。

自分のプロフィールや、どの様な出会いを求めているかなど詳細が書かれている場合には、サクラ業者を疑いましょう。

一般女性であれば、住んでいる場所や趣味など、メッセージ交換に繋がる様な内容が2~3行で記載されているものです。

女性からアプローチメッセージが送信されることも多いため、しっかりと一般女性ユーザーとサクラ業者を見極めましょう。

見極めなければ、折角アプローチをしてくれた女性も無視してしまう事になるのです。

URLを貼って違うサイトに誘導してくる

アプローチメッセージは長文では無いものの、別サイトのURLが貼ってあるメッセージは無視し、余裕がある場合には通報しましょう。

別サイトのURLを貼って誘導する行為は違反行為になるため、強制退会となる可能性が高いです。

何度もメッセージを交換した後であれば、信じたくなる場合もあるでしょう。

しかし、別サイトのURLを送信された時点でメッセージの交換は終了することをおすすめします。

LINEや個人情報を質問してくる

基本的に、仲良くなるとプライベートな連絡先を交換するものです。

しかし、女性から「連絡先を交換しませんか?」などと話を持ち出すケース自体が非常に稀でしょう。

また、氏名や住んでいる場所の詳細など、話の流れとは無関係に個人情報を質問された場合には注意が必要です。

まとめ

サクラ業者の手口は様々なです。そのため、見極めることは難しい場合もあるでしょう。

どれほど魅力的な写真、プロフィール内容であっても、理性を保って判断することが重要です。

ポイント消費を意識しすぎていたり、サクラ業者を疑いすぎてしまうと一般女性ユーザーとの出会いを逃すことに繋がるため、十分に注意してくださいね。