YYCで通報され強制退会となった際に注意すべき点

出会い系アプリの中でも利用者数が多く、最大級の規模を誇るYYCですが、通常の退会ではなく強制退会処分になってしまうケースもあります。
何故強制退会になってしまうのか、退会となった場合の注意点などを見て行きましょう。

YYCで強制退会されるまでの流れ

通報される(→ここまでは問題なし)

YYCは、通常通りに利用している分には強制的に退会となる事はありません。
独裁的な出会い系アプリでは無く、ミクシィグループの子会社が運営を行っている出会い系アプリなのです。
この点もポイントであり、知名度のある企業であるため、評価が落ちるような事があってはならないという姿勢ですね。
そのため、強制退会になる場合には、正当な理由があると考えて良いでしょう。
強制退会までの流れとして、一般的に女性側の通報から始まります。
メッセージのやり取りや、ファーストメールで送信した内容によっても通報されるケースがあるでしょう。
男性のプロフィールを閲覧していた際に、違反行為が見られた場合も通報されるのです。
この様に、メッセージのやり取りを行っていない女性から通報されるケースもあります。
反対に、メッセージのやり取りがある女性であれば、余程問題のある内容を送信しない限り通報される可能性は低いとも言えます。
これは、見知らぬ相手であってもある程度の情が入るためです。
どの様なケースであれ、通報と同時に強制退会となる訳ではありません。
しっかりと調査が行われるのです。
この点も、大手のミクシィグループであるが故のポイントですね。

通報を受け、YYC事務局があなたのアカウントをチェック

通報があるとYYCの運営担当者が、あなたのアカウント、メッセージの内容などを確認します。
問題なく利用している限り、メッセージの内容を逐一チェックされるということは無いため安心してください。
通報された場合に、事実確認のためにチェックされるのです。

違反性があると判断されたら強制退会

通報された場合、強制退会になる可能性が高いということです。
運営のチェック段階で問題がある会員との判断をされた場合、強制退会となるでしょう。
折角ユーザー登録を行っても、強制退会になってしまう可能性があるのかと不安になってしまう方もいるかも知れません。
しかし、一般利用者が常識の範囲内で楽しんでいる限り、強制退会にまで至るケースは少ないと考えられます。
常識を外れてしまうと通報の数が増え、強制退会になる可能性が高くなるため注意が必要です。
通報されるケースは、手あたり次第ファーストメールでLINEIDやメールアドレスを送信するといった行為、援助交際などを持ちかける内容の送信などが挙げられます。
これらは、非常に高い確率で通報される行為です。
また、YYCの運営がチェックを行った際にも、強制退会処分とする必要があると判断される行為でもあります。
あくまでも常識の範囲内で楽しむことを忘れないようにしましょう。

YYCでの違反行為とは?

YYCでは、先に挙げた行為を含めて、どの様な行為が強制退会に繋がるのでしょうか。
YYCで定められている違反行為を行った場合でも、即刻強制退会処分となる訳ではないのです。
違反行為を行ったとみられる状況や、通報される回数、悪質かどうかなど、場合によって「警告」で済む場合もあります。
悪質であったり、法律に触れる行為であった場合には「強制退会」となり再登録も不可となるのです。
ファーストメールでの連絡先送信やセクハラと捉えられる内容の送信は違反行為。
他にも別サイトのURLを貼りつけ、誘導を行うなどが挙げられます。
これは、LINEIDを交換してからLINEでURLを送信するケースも該当します。LINEの内容はYYCが確認出来ないものですが、通報された数によって処分を受ける可能性が高いでしょう。
また、個人情報を公開する行為も違反です。あなたの個人情報であっても、YYCでは本当にあなたの個人情報であるかどうかを判断することが出来ません。
そのため、個人情報であると思われる内容を公開した場合は、違反行為であると判断されます。
確実に強制退会となる行為は、全部で4つです。
18歳未満の女性と援助交際を希望する書き込みなどは、通報以外にもパトロールによって強制退会処分になります。
YYCの運営では、24時間パトロールを行いサイト内の監視を行っているのです。
個人のメッセージまでは全て監視することが困難ですが、掲示板やプロフィールの内容には注意が必要。
個人への嫌がらせ、不特定多数に対してであっても脅迫、恐喝といった犯罪行為は強制退会となるでしょう。
男性が女性になりすます「ネカマ」が発覚した場合も処分の対象となります。
YYCの批判中傷を書き込むといった行為も、内容によっては強制退会になる可能性が高いです。

強制退会の処分内容

強制退会になった場合に、YYCの利用状況等、どの様な状態になるのでしょうか。
処分内容も確認しておきましょう。

アカウントが削除される

当然ながら、YYCのアカウントは削除されてしまいます。
購入したポイントも消えてしまうため、大きな損をする可能性もありますね。
ログインが出来ない状態となり、メッセージの内容も確認出来ません。
強制退会の場合は、突然アカウントを削除される場合と警告を受けてから削除される場合があります。
警告とは、YYCのアカウントメニューに表示されるものでは無く、警告メールが届くのです。
警告メールには、違反内容の詳細は記載されていません。
しかし、身に覚えがある場合が多いためYYCの利用方法を改めるようにしましょう。
警告メールの後にも同様の行為が見られた場合、強制退会となります。
念の為、メールアドレスは登録しておくと良いでしょう。

同アドレスでの再登録は不可能

自ら退会した場合には、再登録が可能です。
しかし、強制退会処分となった場合は同じ端末での再登録は不可能。
携帯電話やパソコン、スマートフォンには、それぞれの端末を識別するためのアドレスが存在しています。
YYCでは、規約違反によって退会処分となったユーザー端末アドレスを記録しているのです。
電話番号やメールアドレスを変えることで一度登録が出来ても、新規登録者はアドレス認識が行われるため弾かれてしまいます。
どうしても再登録をしたい場合、電話番号、メールアドレス、さらには利用する端末まで変更すると良いでしょう。
すべて変更をして再登録にチャレンジしても、本人確認書類の登録時に弾かれる可能性があるため、十分に理解した上で行ってくださいね。

補足:YYCでサクラを通報する方法

YYCは24時間監視体制であるため、業者やキャッシュバック目的、いわゆるサクラの女性はほとんど存在していません。
サクラらしき女性を見かけたとしても、数日で強制退会処分となるのです。
メッセージのやり取りから不審に感じた場合、女性のプロフィールから違反通報しましょう。
サクラであると判断して、直接攻撃的なメッセージなどを送信すると、反対にあなたが強制退会となる可能性もあります。
余計な事はせずに、プロフィール画面に通報ボタンがあるためタップをして違反内容に該当するものを選択します。
運営からの返信はありませんが通報は送信されるため、本当にサクラであった場合には強制退会処分となるでしょう。

まとめ

YYCは、他の出会い系アプリと比較をしても、利用規約の内容を守っているかどうかという点には非常に厳しい事が特徴です。
そのため女性のサクラは勿論、有料であり運営の利益となる男性会員であっても、違反行為が見られた場合は強制退会となります。
強制退会となった場合、二度とYYCを利用することは出来ないと考えておきましょう。
違反行為とされる内容をしっかりと確認し、運営からの警告メールも受け取ることが出来る状態にしておくことがおすすめです。