出会い系アプリwith(ウィズ)は、他のマッチングアプリに比べて男性のライバルが比較的少ないアプリです。

withの特徴は、若くてかわいい系の女性が多く、特に20代利用者が非常に多いマッチングアプリです。

若い女性は、20代後半~30代の女性に比べてマッチングアプリに対する熱心さが低いので、プロフィールを雑に設定すると出会えるチャンスが極端に減ります。

裏を返せば、しっかりとプロフィールを設定すれば、出会える可能性は高まります。

さらに、モテるプロフィール設定のコツをおさえれば完璧です。

まずはwithで女性と出会えないプロフィール設定を確認した後に、マッチング率を上げるプロフィール作成方法を紹介します。

絶対に出会えないwithプロフィール設定

顔写真を掲載していない

顔写真を掲載していないのはNGです。
正直、顔写真無しで出会えたら奇跡とも言っていい程です。
もし出会えたとしても、相手も顔写真が無くプロフィールをきちんと設定していない人か、業者の可能性が高いでしょう。

顔写真を掲載することによって、どんな人柄なのか、どんな人物なのかを判断することができ、女性からも安心感を与えてくれます。
それだけ顔写真の情報というのはwithにとって大きいのです。
どんなプロフィールよりも先に顔写真の設定から始めましょう。
ただし、遠方からの写真や分かりにくい写真は、女性から不信感を与えるので避けるようにして下さい。

職業や業種を登録していない

職業が分からないのは相手から不安がられます。

・人には言えない仕事をしているのか
・怪しい仕事をしているのか
・そもそも仕事をしていないのか

といったことが予想されます。
また、「給料の良い仕事や自慢できるような職種に付いていないけど心配」という方でも安心です。
職種の欄は「大手企業」「上場企業」ほか、「小売業」「事務職」「会社員」といったような、ざっくりとした選択項目になっているので、詳細に記入する必要が無く安心です。
例えば、アルバイトでも大手企業に所属していれば、「大手企業」の項目に入れれば問題ありません。

どうしても詳細に記入したい場合は、別途記入欄があるので、そこに付け加えると良いでしょう。
ただしそれは、「安定している仕事」「かっこいい仕事」といった、女性にとってメリットのある情報のみを記載しましょう。

自己紹介文が長すぎる

自身を最大限にアピールしたいがあまりに自己紹介文を長くする人もいらっしゃいますが、避けましょう。
基本的に女性は多くの男性からいいねを貰っているので、あんまり長い自己紹介文だと読むのに疲れてしまいます。
Withには自己紹介文を作成する例文があるので、それに沿って作成すれば問題ありません。

もし、自己紹介文にオリジナリティを出したい場合は、「趣味・仕事・恋愛観・休日の過ごし方について」を200~300文字目安でまとめるようにしてみて下さい。
特に趣味の項目があると、女性との共通項が生まれる分だけマッチングしやすく、結果として出会うキッカケとなるので、趣味の項目は抑えるようにして下さい。

モテるプロフィール設定に改善するコツ

写りの良い写真をメイン写真に掲載する

Withにとってルックスの良い写真は、高収入よりも大事な項目です。
これは女性だけでなく、男性でも当てはまります。
その為、最も写りの良い写真をメインに掲載するというのは、モテる為の最重要項目と言っても過言ではありません。

写りの良い写真というのは、

・顔がしっかり写っている
・頭から胸辺りまでの写真
・背景が外(家での撮影ではないこと)
・身嗜みがきちんとしている
・程良い笑顔(笑い過ぎはサブ写真に掲載)
・目以外のコンプレックスとなっている項目(フェイスライン、鼻、口のどれかひとつ)をさり気なく隠す
・なるべく他人が撮影したかのような写真にする
・装飾品(帽子やサングラス)は外す
・単体で写っている(複数人いる写真は避ける)

といったものが挙げられます。
メイン写真掲載だけあって、顔がどれだけ良く写っているかが勝負となります。
その為、自身が盛れている写真を上手に撮影できるように心掛けて下さい。

もし、ルックスに自信が無ければ少しでしたら顔修正アプリで変えても問題ありません。
ただし、修正し過ぎて別人にならないようにして下さい。

メリットのないプロフィール項目は無回答にする

例えば年収が低いようでしたら正直に掲載する必要はありません。
また、喫煙者は女性から嫌われる項目なので、掲載したくなければ無回答が良いです。
つまり、プロフィール上デメリットとなる項目は正直に回答する必要が無いのです。

基本的に女性から男性を検索することは少ないので、プロフィール欄全部埋めて検索項目に引っかかって貰おうという考えは捨てて頂いて大丈夫です。
それよりも、男性側から女性にいいねし、マッチングして出会うのがwithの本質なので、マッチングできるようにも良い部分を見せるようにしましょう。

なお、無回答でも大丈夫という項目は、血液型・お酒・年収・性格・社交性・タバコ・趣味の欄です。

年収を無回答にするのは危険では…と思われがちですが、withの場合は年収にこだわる女性が少な目になっているので、下手に年収を盛るより無回答の方が良いです。
もちろん年収がホントに高いのであれば、実際に高く記載した方がモテます。
ただし、年収が高い割にサブ写真や趣味が質素なのが多いと、疑われますので注意して下さい。

ちなみに、余りにも無回答が多いと警戒されるので、上記の中で1~2つ程度にしておきましょう。

魅力的であなたらしさが分かるサブ写真を投稿する

サブ写真をきちんと投稿すれば、その分だけモテるようになります。
しかし、ただ単に投稿すれば良いというものではありません。
女性から見て魅力的な写真を投稿することで、マッチング率もアップします。
具体的には

・全身写真
・趣味や好きなものの写真
・楽しそうな写真
・スーツ姿

といった所が挙げられます。
これらは、「この人はどういう人なのか」「どういった趣味や好きなことがあるのか」というのがより明確に分かる上に、その人の魅力を感じることができるからです。
また、マッチング率向上もさることながら、メッセージでの会話で盛り上がりやすくなるというのもポイントです。
さらに、スーツ姿というのは女子ウケが高い写真ですので、サブ写真にさり気なく一枚投稿しておくと、好感度としては高いです。

ただし、いくら魅力的であなたらしさが伝わる写真であっても

・自分ばかりの写真
・女友達と楽しくしている写真
・変顔やふざけすぎている写真

は嫌われる要員なので、避けるようにしましょう。

コミュニティーに登録する

自身の趣味や好きなもの、性格、心理傾向等といったものを分かりやすく表示できるので、コミュニティーに登録するのはポイントとして高いです。
これを行うことにより、どういった人なのかを女性からさらに知ることができ、女性との共通項が増えるのでよりマッチング率が高まり、モテるプロフィールにすることができるのです。
また、自己紹介文では書ききれない部分もアピールすることができるので、登録して損は無いです。

例えば、ファッションが好きならば、どういったファッションが好きなのか、好きなブランド等のコミュニティーに登録することで、自身のアピールに繋がります。
また、好きな食べ物がありそのコミュニティーに登録すれば、女性との共通点を増やせるようになり、よりマッチング率が上がります。

コミュニティーに登録すれば何でも良いというものではなく、女性から幻滅されるようなのは避けて下さい。
例えば、

・タバコ
・ギャンブル
・マイナー過ぎる趣味
・登録者数が少なすぎるコミュニティー

は登録しないようにして下さい。

定期的に開催される無料いいねのイベントに参加する

Daigo監修の心理ゲームみたいなものですが、これに参加することにより、診断結果が同じ人同士に無料でいいねが送れるほか、女性側にも「この人私と同じ診断結果だ」とアピールすることができます。
これにより、女性からの足跡が格段に付きやすくなり、普段いいねを控えている女性も男性にいいねを押すキッカケにも繋がります。
Withならではのイベントですが、これに参加するしないで劇的に変わります。
イベント自体は簡単なので、是非とも参加するようにして下さい。

まとめ

出会えない期間が続くと「withはダメだな」と悲観的なりがりですが、プロフィールを修正するだけで出会える確率は格段に上がります。

なかなか女性に出会えないのであれば、まずはこちらの内容を参考にし、プロフィールを設定し直して見て下さい。

プロフィール次第で一気にかわいい子、10代~20代前半の若い子に出会えるチャンスを作ることができます。

折角若い子が多いアプリなので、プロフィールの改善をし、若くてかわいい子と出会いましょう。

参考心理テストを応用した出会い系アプリwithの評判と特徴